カルティエの時計を結婚指輪替わりに

結婚の贈り物にぴったりでとても気に入っています

20代後半ごろに久しぶりにその懐かしいグッチのものを見たところ、いかにも時代遅れで、身に着けるのが恥ずかしいなと感じてしまいそのまま捨ててしまったのを覚えています。
そのころからしばらくはスマホで時間を確認するようになってしまい、購入することなく30代後半になっていました。
40歳も近い年齢で結婚することになり、周りの友人よりもかなり遅めの結婚だったので、特に盛大な挙式をあげることもなくひっそりと地味婚で籍をいれたのですが、その時に結婚指輪を買うかどうか主人と話し合う機会がありました。
私は指輪などの宝飾品を身に着ける習慣がもともとあまりなかったし、主人は仕事柄指輪をしたまま仕事をすることができなかったのでおそろいのエンゲージリングは必要ないよねという結論になったのですが、それでも何か形になるものを残したいと思っていた時に考え付いたのが時計でした。
お互いまだ一生物の時計は持っていなかったし、それに対するあこがれも強く持っている世代だったので、二人ともすぐにその考えに賛同して早速どのブランドの時計が良いか感がる事にしました。
結婚指輪といえばやはりカルティエの指輪がとても有名で、私より先に結婚した友人でもカルティエの指輪をしている人が数名いたほどです。
そこで、カルティエの指輪はもうほしくないけれど、カルティエの時計ならぜひ身に着けてみたいと思うようになり早速お店に見に行きました。
仕事柄あまりきらびやかすぎるものは身に着けるのは難しかったので、タンクフランセーズを選びました。
シンプルなフォルムではあるけれど、文字盤がダイヤモンドになっているので、結婚の贈り物にぴったりでとても気に入っています。

最初に手にしたブランドものはグッチの時計 / 結婚の贈り物にぴったりでとても気に入っています / シンプルで上品なのに適度なゴージャス感もあり気に入っている